ご挨拶

  1. 学校法人松商学園 TOP
  2. ご挨拶

理事長メッセージ

学校法人松商学園理事長 片倉康行

学校法人 松商学園
理事長
片倉 康行

学園の更なる発展を目指して

明治31年に青年教育家であった木沢鶴人先生が「自主独立」を掲げ、熱き情熱をもって設立した松商学園はもうすぐ創立120周年を迎えるまでの歴史を誇っています。

今では大学院、大学、短期大学、高等学校、中等教育学校を擁し、4000人にのぼる学生・生徒が在学する総合学園となりました。

松商学園は信州はもとより全国に有為な卒業生を輩出し、地域社会にしっかりと根をはり、その伝統は脈々と今日まで受け継がれております。

この間、松商学園高等学校では硬式野球を始めとして、様々なスポーツや文化活動で輝かしい功績を挙げ、多彩な生徒の存在を全国に知らしめてまいりました。

松本大学、松本大学松商短期大学部では地域に密着した独自の教育手法を駆使し、地域に根ざした地方大学のモデル校として全国から高い評価を受けるに至りました。

更に、松本秀峰中等教育学校では、長野県では唯一の6年間一貫教育により、高い進学実績を目指しております。

今、私たちを取り巻く環境は、グローバル化、人口構造の変化、次々と起こる災害、地域間格差等々と急速なスピードで進化をしております。

このような激しい変化の中では、建学の精神に基づきスピィーディーでダイナミックな教育の展開を行う私立学校の役割がたいへん重要であり、また有効と言えます。

松商学園は信州の私学の雄として、社会の要請に応え、多彩で有為な人材の輩出にこれからも力強く努力を続けてまいります。

それには、校友の皆様を始めとして、保護者、地域社会の皆様の温かいご支援が無くては成り立ちません。

どうか引き続き皆様の本学園に対するご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。